【がっちりマンデー】サツマイモウォーズ!~大学芋~

雑記

がっちりマンデー 毎週日曜 朝7時半~

あろうは経済情報を楽しく教えてくれるテレビ番組が好きで、毎週日曜日に放送されている「がっちりマンデー」をよく見ています。
それによると、現在さつまいもがじわじわと市場で存在感を示しているらしく、今回はサツマイモでがっちりな企業特集でした。

白ハト らぽっぽ 大学芋で超有名!

らぽっぽというお店を展開している白ハト食品工業株式会社は、全国21店舗に展開していて、サツマイモに特化したスイーツを提供して年商60億円をたたき出している企業だそうです。
その企業の中でも特に有名なのが大学芋で、なんと、年商60億円のうち、35億円は大学芋で生み出されているというからすごい!

ここの大学芋は、自社店舗だけでなく、大手コンビニやスーパー、回転寿司店などたくさんの企業に提供しているそうです。

大学芋 人気の秘密は密落ち!?

なぜ、ここの大学芋がそこまで人気なのか!?
その秘密は、「密落ち」にありました。

「密落ち」というのは、大学芋の蜜がとれてべちゃべちゃになってしまう状態のことだそうです。
できたての大学芋は、蜜がきれいに芋にコーティングされていて、食感もカリカリほくほくとしたとてもおいしいものです。
ですが、できあがってから時間がたつと、大学芋の水分が出てきて、それによってコーティングされていた蜜が剥がれ落ち、ベチョベチョになってしまうのだそうです。

一般的な大学芋と、白ハトの大学芋をお皿にのせて行った検証では一目瞭然でした!
一般的な大学芋では、時間がたつとお皿に蜜がべっとりとついてしまって、芋からは剥がれていたのですが、白ハトの大学芋はお皿に蜜がほとんどついていなかったのです!

このあまりの違いにあろうもびっくり!

蜜落ちを防ぐ秘密はサツマイモの水分量と秘密の蜜!?

白ハトはどうやって蜜落ちを防いでいるのかというと、一つはサツマイモを二度揚げすることにより芋の中の水分量を減らす工程があること。
そしてもうひとつは、企業秘密で作られた蜜にあるのだとか。

この蜜は、作り方だけでなく、サツマイモに塗る工程もトップシークレットということで取材NGでした。
それだけこだわっている大学いも、あろうも是非食べてみたい!と思ったのですが、
残念ながらあろうの近所には白ハトのらぽっぽというお店はありませんでした。
やはりこういう有名店は、都心部にしかないものなのですね、グスン・・・。

とはいえ、全国のスーパーやコンビニ、回転寿司店にも提供しているということなので、ひょっとしたら知らず知らずのうちに食べているのかもしれませんね。

今回紹介された白ハトのらぽっぽについて詳しく知りたい方はこちら

らぽっぽのじゃなくてもいいからとにかく大学芋が食べたい!というかたはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました