【要約・書評・感想】『読んだら忘れない読書術』【後半】

書評

この記事では、樺沢紫苑さん著『読んだら忘れない読書術』の要約・書評・感想をまとめています。
これまでの要約・書評については、
こちらの記事をご覧ください。

【要約・書評・感想】『読んだら忘れない読書術』
こんばんは、あろうです!今回は、樺沢紫苑さん著の『読んだら忘れない読書術』についてご紹介します!みなさんは、こんな経験はありませんか?読書のあるある何時間もかけて本を読んだけれど、最初の方はなんて書いてあったか覚...

応援クリックしていただけると励みになります!ブログランキング・にほんブログ村へ

「深読」する方法

これまで、読書をすることの大切さと、
記憶に残る読書をするための3原則について書いてきました。

ここでは、実際に記憶に残る読書「深読」をどのようにすすめていくのかをまとめていきます。

パラパラ読書術

まずは目次に目を通して、全体をパラパラと見通します。
このパラパラ読みには3つの目的があります。

  1. 全体を把握する
  2. 本を読む目的を設定する
  3. 「速読」か「精読」か決める

目次は、本の内容をぎゅっとまとめてくれている最高のツールです。
この目次を生かさない手はありません。
目次に一通り目を通せば、本にどんなことが書いてあるのかおおよそのことがわかるのです。

次に、本を読む目的を設定します。
目的とは、

  • 何を知りたいか
  • 何を学びたいか

です。

目的を設定するためにも有効活用できるのが「目次」です。
目次に目を通せば、「これについて深く知りたい!」と思うキーワードが書かれている箇所が必ずあるはずです。
そうやって、自分がその本から学びたいことをピックアップしていきます。

最後に、「速読」か「精読」か決めます。
これは、その本を何日で読み終えるかを決めるということです。

数日以内で読めそうな本なのか、
それとも熟読しないと理解できない本なのか、
それによって「速読」か「精読」か決めます。

自分の中で、ギリギリ達成できるくらいの日数を設定すると、
読む速さもアップし、学習効果も高まります。

ワープ読書術

皆さんは実用書を読むとき、最初から一字一句読んでいますか?
実は、最初から一字一句読む必要はないのです。

実用書には、何かの方法やノウハウ、そして、
それに関する「根拠」、「裏付け」、「実例」などが多く書かれています。

しかし、重要なのは「方法」の部分です。
「方法」の部分に催促でたどり着くためには、
自分がこの本で一番知りたいことは何かを考えます。

目次を見て、その知りたい部分を先に読んでしまうのです。
そこを読んでさらに知りたいと感じたところ、
深堀したいところ、
疑問に感じたところなどがあれば、
再度目次で目星をつけて、そのページにワープします。

これが、ワープ読書術です。
そして、大体のアウトラインをつかんだところで、
初めて最初のページに戻り、読み進めていきます。

すでに全体のアウトラインをつかんでいることによって論旨が見えているため、
最初から一字一句読むのと比べて、
圧倒的に読むスピードが速くなります。

ギリギリ読書術

本を読む場合、2つの難易度を設定することができます。

  • 本の内容
  • 本を読むスピード

本の内容については、買った瞬間に決まります。
なので、購入の際に自分の実力よりも少しだけ難しい本を選ぶようにすると、学びの効果が最大化します。
簡単すぎても、難しすぎてもだめなのです。

本を読むスピードについては自分で調整できます。
普段は1冊読むのに2時間くらいかかるとするならば、1時間45分で読み終えるように
ハイペースで読んでみるというようなことを実践します。
他にも、「電車の中で、降りるまでに1章読み終えよう」と目標設定するのでもよいのです。

大事なのは、ギリギリ達成できるかどうかという目標設定をすることです。

鉄は熱いうちに打て読書術

書店に行って興味深い本に出会ったとき、人はわくわく感に包まれます。
レジを通して本を開く。
「おもしろそうだな」
「どんなことが書いてあるんだろう」
興味・関心・好奇心が高まります。

こんな時、脳内には「ドーパミン」という物質が分泌されています。
ドーパミンは、モチベーションを高めてくれる重要な物質で、
ドーパミンが分泌されると記憶力も高まるのです。

しかし、このドーパミンはいつまでも分泌されているわけではありません。
「忙しいから後で読もう」などと積ん読してしまえば、
ドーパミンの分泌はなくなり、興味・関心も失われてしまいます。

だからこそ、興味を持って本を買ったなら、
買った直後から読み始めることが大切なのです。
そうすると、わくわく感に包まれながら、ドーパミンが分泌された状態で本を読み切ることができます。
強烈に、記憶に残すことができるのです。」

感想・書評

この本を読んだあろうの率直な感想を一言で表すと、
「本の内容を覚えている人は、それ相応の努力をしているんだ・・・!」

あろうはこれまで、本の内容を覚えている人は頭がよくて、
読んだだけで覚えられるんだ。
だから、あろうとは違う人種で、あろうは覚えられなくて当然なんだ。
そう思っていました。

ですがこの本を読んで、
1週間に3回アウトプットをするとか、
アウトプットのためにSNSにシェアしたり、書評を書いたりするとか、
スキマ時間を有効活用するとか、
様々な努力を重ねた上に、記憶に残る読書ができているという事実に、
脱帽の思いでした。

そして、これらは決して難しいことではなく(書評を書く以外は)、
あろうもすぐに実践できることばかりでした。

あろうはこれまで、実用書も小説と同じように
最初から一字一句読み進め、
スキマ時間にはスマホでゲームをし、
一度読んだらそれっきりで復習することなんてありませんでした。

読んだときには内容がすべて自分の身になった気になっていて、
次の瞬間にはもう忘れてしまっていたのです。

今回、書評をしたりSNSに都度シェアしたりすることによって、
これまでよりもとても深く本を読むことができました。

これまでは読んでいるつもりで、
ほんの字面を追うだけの「自己満足読書」になっていたのだと痛感しました。
それほどまでに、今回は本当に本を読み込んだのです。

そして思いました。
これからの読書でも、今回ように深く読み込み、書評を書き、アウトプットをして、
自分の知識として吸収し続けていったなら、
数年後、自分は大きく変わっているに違いない。
そう確信することができるほど、本を深く読み込むことができました。

この本は、あなたの読書の質をこれまでより格段にいいものに変えてくれます。
ぜひ手に取って、一読してほしい一冊です。

応援クリックよろしくお願いします!ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました